コンセプト

最終出力ターゲットを考えたデータ作成

画像・最終出力ターゲットを考えたデータ作成最終的にオフセット印刷機によって印刷される印刷物ですので、そこまで考慮して版下が作成されることが良いと考えられます。しかし、現実的には難しい面もあり印刷時に校正と色があわないケースは発生しております。色を数値的に管理できるしくみを追求することで、最終印刷工程に適切なものが渡せることになります。後戻りのないスムーズなワークフロー実現のために、当社ができることがそのデータ作成といえます。

色の再現領域の違い

画像・色の再現領域の違い人間が感じる色は非常に大きな範囲です。しかし、写真にすると左図のように中間の枠まで縮小された色再現範囲で表現されます。さらに、印刷物にするとその内側の範囲まで縮小された領域で、色が再現されることになります。このメカニズムを、正しくワークフローに取り込んで考えることが重要です。印刷の色再現範囲は、最新の技術でこれ以上に広がっているのが昨今の状況ですが、その運用の基本はカラーマネジメントであるといえます。

カラーマネジメントとICCプロファイル

画像・カラーマネジメントとICCプロファイル異なる印刷機、異なる用紙、こうした条件をクリアして作品に近い印刷物を仕上げるために必要なものがICCプロファイル。正しくメンテナンスされた機器のもとでは、このICCプロファイルという共通言語によって適切な色変換がされます。正しく作成された印刷用データが、作品に忠実な色再現可能な印刷物となるのです。そのためには、撮影からプリプレスデータの作成までが統一したカラー管理で作業されることが必要です。

美術作品と印刷物

画像・美術作品と印刷物油絵、パステル、水彩様々な画材により美術作品が作成されます。印刷物の色を本来の作品に近づけるために色を追い込んで行く。丹誠込めて作成した作品が、ポストカードや画集になってもその雰囲気がそこなわれない、そんな印刷物を仕上げることが大切なことと考えます。

色を追い込んで行く

画像・色を追い込んで行くカメラで撮影した画像、プリントした写真。こうした過程をすぎるたびに、その画像データは変化していきます。可能な限り、制作物を前にしてプリンタカンプを作成し、版下データ作成時にその色をターゲットとして追い込んで行く作業が必要となります。写真撮影とレタッチ作業は、ほぼ同時進行となることが非常に大切なポイントです。